Archive for the ‘人事’ Category

4月から新体制で始動しています

2021-04-13

4月に入り、国内留学の先生をお迎えして 新たな体制で新年度が始まりました。
千葉大学病院血液内科の三科達三先生が、4月2日から当教室にいらっしゃって
います。研修期間は今年9月までの予定です。
三科先生、これからどうぞよろしくお願いいたします。

また、3月末には異動で3人の先生方が当教室を離れられました。
若手スタッフのまとめ役をしてくださった柳田恵理子先生は熊本医療センターに
出向され、当教室で3年間研鑽を積まれた中田路子先生は、久留米大学整形外科に
戻られま
した。
また、長年お世話になりました非常勤の河野理子先生も今回で卒業となりました。

感染防止対策のため、残念ながら例年のような形での送別会はできませんでしたが、
異動される先生方へスタッフ一同からのメッセージノートやプレゼントをお渡しし、
これまでの感謝の気持ちをお伝えしました。

柳田先生、中田先生、河野先生、今までありがとうございました。
今後のますますのご活躍をお祈りしております。

 

スタッフ情報を更新しました

2021-04-02

スタッフ情報を更新しました。

当教室の研究内容に関心がある先生は、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ:patho2※kurume-u.ac.jp
            ※を@に変えて送信してください。

2021年度もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ情報を更新しました

2020-04-07

スタッフ情報を更新しました。

当教室の研究内容に関心がある先生は、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ:patho2※kurume-u.ac.jp
            ※を@に変えて送信してください。

2020年度もどうぞよろしくお願いいたします。

吉村先生、牟田先生、お疲れ様でした

2020-04-07

昨年10月から当教室へ国内留学にいらっしゃっていた
吉村卓朗先生が3月に半年間の研修を終え、
大阪市立総合医療センター血液内科に戻られました。

臨床の現場で、悪性リンパ腫、特にT細胞リンパ腫の診断、
治療方針の決定に関して問題意識を持たれ、
病理・研究の研鑽を積まれました。

また、牟田紘子先生は4月より福岡県済生会福岡総合病院に
出向されることになりました。
育児期間のブランクを経て当教室にいらっしゃった当時は
ご苦労も多かったそうですが、今では多くの先生方や
スタッフから頼りにされる存在になっています。

吉村先生、牟田先生、今までありがとうございました。
今後のますますのご活躍とご健勝をお祈りしております。 

吉村先生には久留米大学オリジナル博多織ネクタイを、
牟田先生には久留米絣のポーチをプレゼントしました。
お二人とも新しい環境でも頑張ってください!

 

当教室では、病理医を目指す専門研修医、医学博士号の学位取得を
目指す医師、病理の研鑽を積むために一定期間、病理研修・研究を
行う方を歓迎いたします。
関心のある先生はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ:patho2※kurume-u.ac.jp
            ※を@に変えて送信してください。

髙野桂先生が講師に着任されました

2020-01-06

名古屋大学医学部附属病院病理部からいらっしゃった
髙野(こうの)桂先生が2020年1月1日付けで講師として着任されました。
新しい先生をお迎えし、スタッフ一同ますます頑張っていきたいと思います。
本年も当教室をどうぞよろしくお願いいたします。

大阪市立総合医療センターの吉村先生が国内留学で来られています

2019-10-02

10月1日から大阪市立総合医療センター血液内科の吉村卓朗先生が
国内留学で当教室にいらっしゃっています。
研修期間は来年3月までの予定です。

今年に入り、当教室に研修に来られる先生方が増えていますが、
熱心な研究姿勢は、教室にとっても大変いい刺激となっております。
ぜひ一緒に頑張っていきましょう!
吉村先生、半年間どうぞよろしくお願いいたします。

 

伊東先生、研修お疲れ様でした

2019-10-02

札幌の手稲渓仁会病院から当教室へ研修に来られていた
伊東しほり先生がこのたび1ヵ月間の研修を終えられました。
短い期間ではありましたが、悪性リンパ腫の症例を中心に
200例ほどを
意欲的に見られました。

伊東先生、1ヵ月間の研修お疲れ様でした!
今後のますますのご活躍をスタッフ一同お祈りしております。 

 

当教室では、病理医を目指す専門研修医、医学博士号の学位取得を
目指す医師、病理の研鑽を積むために一定期間、病理研修・研究を
行う方を歓迎いたします。 
関心のある先生はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ:patho2※kurume-u.ac.jp
            ※を@に変えて送信してください。

 

久留米の名産品シャインマスカットとイチジクのタルトと伊東先生。笑顔がまぶしいです! 札幌でも頑張ってくださいね。

武藤先生が病理専門医試験に合格しました!

2019-08-20

武藤礼治先生がこのたび日本病理学会の専門医試験に合格されました。
当教室の病理専門医としては5人目となります。
武藤先生、おめでとうございます! ますますのご活躍をお祈りいたします。

歓送迎会を行いました

2019-05-27

今年度から当講座に加わった先生方、大学院生、スタッフの歓迎会と
久留米での2年間の研究活動を終え、このたび新潟大学血液内科に戻られる
鈴木先生の送別会を5月23日に行いました。

皆で作成したノートには、鈴木先生との思い出の写真やメッセージが溢れ、
2年間の思い出話に花が咲きました。

新しく入られた先生方もすっかり教室の雰囲気に溶け込んだ様子で、
突如、開催された大島教授のサイン模写選手権で盛り上がるなど、
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

鈴木先生には、オリジナル刺繍入りのネクタイが贈られ、
大島教授からの激励のお言葉のあと、万歳三唱で会は締めくくられました。
鈴木先生、2年間大変お世話になりました。
また新体制で6月からも頑張っていきましょう!
幹事の竹内先生、梅野先生、ありがとうございました。

鈴木先生は、6月にスイスで開催されるルガノミーティング(ICML)で
末梢性T細胞性リンパ腫の研究について
発表の予定で、現在論文作成中です。
今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

 

薔薇の花束ならぬ豚バラの串束

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風間先生、研修お疲れ様でした

2019-04-10

今年1月から当教室へ研修に来られていた風間亮先生が
このたび3ヵ月間の研修を終え、堺市立総合医療センターに
戻られることになりました。

悪性リンパ腫と白血病の症例を400例以上見ていき、論文も
執筆されるなど
意欲的に研究に取り組まれていました。

風間先生、3ヵ月間お疲れ様でした!
大阪に戻られてからも益々のご活躍をお祈りしております。

 

当教室では、病理医を目指す専門研修医、医学博士号の学位取得を
目指す医師、病理の研鑽を積むために一定期間、病理研修・研究を
行う方を歓迎いたします。 
関心のある先生はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ:patho2※kurume-u.ac.jp
            ※を@に変えて送信してください。

« Older Entries
教室紹介
スタッフ 教育システム
アクセス お問い合わせ

 ・久留米大学医学部病理学講座(旧2病理) [代表:三好]
 ・お電話でのお問い合わせ : 0942-31-7547

67 Asahi-machi, Kurume, Fukuoka, 830-0011 Japan
TEL +81-942-31-7547 / FAX +81-942-31-0342
Copyright©2014 Department of Pathology,Kurume University School of Medicine All rights reserved. 管理